研究内容06

高病原性因子GRA6が「トロイの木馬」現象を引き起こす
Selective and strain-specific NFAT4 activation by the Toxoplasma gondii polymorphic dense granule protein GRA6.

Ji Su Ma, Miwa Sasai, Jun Ohshima, Youngae Lee, Hironori Bando, Kiyoshi Takeda, and Masahiro Yamamoto.
J Exp Med. (2014) 211:2013-2032.

概要

寄生虫「トキソプラズマ」の病原性因子GRA6が宿主の免疫制御分子であるNFAT4を活性化して宿主自然免疫細胞を強制的に利用(ハイジャック)することが、トキソプラズマ症の重症化の一つの理由であることをつきとめました。

リンク

 論文  研究内容

最近の研究成果から

  • 研究内容11
    マラリア原虫の分化の引き金となる宿主因子を同定
    CXCR4 regulates Plasmodium development in mouse and human hepatocytes
    詳細を見る
  • 研究内容10
    トキソプラズマ病原性因子GRA15による新規「ヒト」免疫抑制機構の解明
    Inducible Nitric Oxide Synthase Is a Key Host Factor for Toxoplasma GRA15-Dependent Disruption of the Gamma Interferon-Induced Antiparasitic Human Response.
    詳細を見る
  • 研究内容09
    トキソプラズマやサルモネラなどの病原体に対する免疫反応に重要な因子を同定
    Essential role for GABARAP autophagy proteins in interferon-inducible GTPase-mediated host defense.
    詳細を見る
  • 研究内容08
    抗トキソプラズマ免疫反応のブレーキ役を果たす分子の同定
    p62 Plays a Specific Role in Interferon-γ-Induced Presentation of a Toxoplasma Vacuolar Antigen.
    詳細を見る
  • 研究内容07
    抗トキソプラズマ免疫反応のブレーキ役を果たす分子の同定
    RabGDIα is a negative regulator of interferon-γ-inducible GTPase-dependent cell-autonomous immunity to Toxoplasma gondii.
    詳細を見る
  • 研究内容06
    高病原性因子GRA6が「トロイの木馬」現象を引き起こす
    Selective and strain-specific NFAT4 activation by the Toxoplasma gondii polymorphic dense granule protein GRA6.
    詳細を見る
  • 研究内容05
    インターフェロン依存的な抗トキソプラズマ応答におけるオートファジー蛋白質 の役割。
    Role of Mouse and Human Autophagy Proteins in IFN-γ-Induced Cell-Autonomous Response against Toxoplasma gondii.
    詳細を見る
  • 研究内容04
    小胞体ストレスセンサーCREBHはスルピリンによる致死的毒性を制御する。
    CREBH Determines the Sulpyrine-Induced Fatal Shock.
    詳細を見る
  • 研究内容03
    トキソプラズマ症の発病を防ぐ最重要宿主因子GBPの同定
    A cluster of interferon-γ-inducible p65 GTPases plays a critical role in host defense against Toxoplasma gondii.
    詳細を見る
  • 研究内容02
    エフェクター分子ROP18は宿主転写因子ATF6βの分解を誘導し免疫系を抑制する。
    ATF6β is a host cellular target of the Toxoplasma gondii virulence factor ROP18.
    詳細を見る
  • 研究内容01
    エフェクター分子ROP16は宿主転写因子Stat3を活性化して自然免疫系を抑制する。
    A single polymorphic amino acid on Toxoplasma gondii kinase ROP16 determines the direct and strain-specific activation of Stat3.
    詳細を見る